「豆乳でやせた」の真実
トップページ> 美容と健康 > ダイエット

「豆乳でやせた」の真実

人気の健康番組、「あるある大事典」で「豆乳でやせる」という特集が放映されたことがあります。

結果、豆乳はスーパーで売り切れるほどの大人気となり、値上げする店も出てくるほど。

やせる原理は、豆乳にパイナップルジュースを混ぜてしばらく置くと大豆ペプチドとなり、これを飲むことで脂肪の吸収を阻害するというもの。

実は私、これを2ヶ月実行して、5キロくらいはやせました。

でも本当に脂肪の吸収が阻害されたせいなのか?

実は、豆乳を飲み始めて、体感したことがありました。

いつもより食事の量が減った、ということです。
豆乳にパイナップルジュースを入れて、ぶくぶくあわ立てたものを飲むと、結構腹がふくれます。

それを食事前に飲むので、食事の量が減ったのでした。

食事の量が減れば、当然、やせますよね?

私は、大豆ペプチドなんか全く関係ないんだろうなとは思っていますが、結果としてはやせたので感謝しています。

「おなかがふくれるので食事の量が減ってやせる」よりも、「体の中でなんかおかしな化学反応が起こってやせる」方がテレビ的には面白いんでしょうね。


次の「黒酢でやせた」の真実へ
トップページ> 美容と健康 > ダイエット もくじ