美容と健康 >生活習慣病
トップページ> 美容と健康 > 生活習慣病


26歳で痛風になりました

痛風って、おっさんがなる病気だっていうイメージがありました。

が、私は26歳で痛風になりました。

まず、右足の親指の根元あたりがなんだか痛いな、と思いました。
満員電車で揺れに対してふんばったときに、力を入れすぎたのかな。まあ、すぐに直るだろう。

そう思ってました。次の日、あきらかにわかるくらい真っ赤に腫れています。
歩くたびに足が痛くて、足を引きずるほど。

でも、のんきな私は「湿布でも貼っておけば直るだろう」くらいに思って、湿布を貼って寝たのです。
夜中、ぐわんぐわんと万力で締め付けられるような痛みが足の親指付け根にあって、目が覚めました。

痛い。すごくイヤなゆっくり来る痛さです。ぐわん…ぐわん…と来ます。ひどい虫歯になったときの、あの感じと似ています。あれが足に来たような。

次の日、ようやくこれはおかしいと思った私は、会社を休み、医者に行きました。
歩くたびに痛みが走ります。

痛い。痛い。

マンションの階段を下りるのも一苦労です。右足に力がかからないよう、両手で左右の壁をぐっと押すような感じで、突っ張りながら降りていきます。人に見せたくない姿です。

マンションの入り口までたどり着いた時点で、私はつかれきってました。

これは病院まで歩くなんて絶対無理だ。タクシーに乗ろう。私は、およそ100メートル先の大通りまで必死に歩きました。

ちくしょう。なんだこの痛さ。このまま歩けなくなってしまったら。いやだ。いやだ。

汗だくになりながら、タクシーに乗り、病院に到着。

病院って、朝早く行かないとめちゃめちゃ待たされるんですよね。まず、症状を紙に書いて待ちます。
子供がどたどたと廊下を走っています。

もしこの子供が私の足に触れたら、容赦なくぶん殴る。それくらい余裕のない状態でした。

20分ほど待ち、ようやく診察の順番が回ってきました。
めちゃめちゃ足が痛い。けど、特に転んだりした覚えもないってことを医者に伝えます。

医者が「これは痛い?」と言って、腫れている部分を軽く指で押しました。
「うがっ!」私は本気で殺意を覚えました。何すんじゃこのボケと怒鳴りそうになりました。

まだ触ろうとするので、私は身を引いて逃げました。
体中から、これ以上触れたらお前を取って食う、というオーラが出てたんじゃないかと思います。

医者は触診をやめ、なにやら紙に書きながら、「レントゲンと血液検査をしてみましょう」と
言い出しました。

なんなんだろう。骨の病気なんだろうか。大変なことになってきた。
もっと普段から、カルシウムとか気にして食事してればよかったか。

レントゲンの結果だけは当日のうちに出て、骨には異常がないってことを知らされました。
自分の足の骨が写っているレントゲンを初めて見ましたが、気持ち悪かったです。
うわー、足の中にこんなに骨が!いや、当たり前なんですけども。

結局、血液検査の結果は明日ってことで、その日は痛み止めを貰って帰りました。
座薬、つまり、お尻から入れる薬です。なんだか屈辱的。
待ち時間合わせて2時間半ほど病院に居たようです。待ち時間が長すぎる。

で、座薬が結構効いて、痛みは少しましになりました。でも、めちゃめちゃ眠くなります。

次の日、ようやく痛風だってことがわかりました。
血液検査の結果、尿酸値が高いから痛風だと思いますみたいな軽い口調で
医者は言いました。なんだこの医者。その痛風とやらを風邪みたいにうつせるならうつしてやりたい。

全身痛風になってしまえ。

それはさておき、痛風手帳という不名誉な手帳と、尿酸値を抑える薬をもらいました。
今後は、定期的に血液検査をして、この薬をもらいにこないといけないそうです。
あとは、食生活を変えるように言われました。

これからずっと病院通い?なんだかがっくりしました。




次の2.痛風で病院通いへ
トップページ> 美容と健康 > 生活習慣病 もくじ