減圧鍋で妻が作った恐るべき肉じゃが
トップページ> 料理・グルメ > 圧力鍋

減圧鍋で妻が作った恐るべき肉じゃが

 減圧鍋で、妻が肉じゃがを作った。 

 なんということだ、君は肉じゃがなどという家庭的な料理を作れる人だったのか。

 一応、私だって肉じゃがくらい作れる。けど、今、目の前に出されている肉じゃがは、
 明らかに違和感があるのだ。 

恐るべき肉じゃが

 柔らかくなるまで煮こまれたイモは、型崩れを起こしていて当然だ。
 型崩れなしで柔らかく煮込めるのは、高級料亭で何年も修行した職人か、プロの主婦のみ。

 ところが、私の前に出された肉じゃがは、全く型崩れのしていない肉じゃがだったのだ。

 「煮えていないのでは?」という想いを口に出すと、それは喧嘩のもとである。
 「ごりっ」という食感を覚悟して、口にイモを放り込み、噛み砕く。

 ほろっ。

 うまい、うまい、特に芋に味がしみててうまい。やわらかい。

 普段、さほどおいしくなくても「おいしィーねー、最高だねぇー、お店出せるんじゃないの」などと、
 心のこもっていない賛辞を述べる私であったが、このときは違っていた。

 なにこれ、うまい!むしゃむしゃむしゃむしゃ。
 もうちょっと食べたいな。むしゃむしゃむしゃ。
 え、もうないの。また作ってよ。絶対だよ。すんげぇーうまかったよ!

 本気でうまかった。その後、食事における芋の比率があがった。
 コイツはイモが好きで、芋さえ食わせておけば大丈夫、と思われたのかも知れない。

型くずれしない味シミ肉じゃがのトリック

 トリックというか、単に減圧鍋を使ったのが効いているんだと思う。

 妻は「愛情を入れた」とかワケのわからないことを言っていたが、そんなことでは説明がつかない。
 減圧鍋だ。減圧鍋の「味しみこませ能力」なのだ。

 減圧状態によって、通常の何倍もの勢いで食材につゆの味などがしみこむのだろう。たぶん。
 それでいて、煮くずれせず、ガス・電気代もかからない。減圧鍋は、火を消した瞬間から減圧・味しみこませのプロセスが始まるからだ。もうコトコト煮込まなくてもいいのだ。

 私もなんか作ってみたい。
 ただ、妻がいるときに作ると、
 「とくに愛情を込めなくても、おいしい」ということが証明されてしまう。

 妻がいない休みの日に、試してみるとしよう。


次の口がとろけそう! 黒毛和牛のすじ肉【通販】へ
トップページ> 料理・グルメ > 圧力鍋 もくじ