【圧力鍋とは違う!】減圧鍋で柔らかくなるはずがない …のにッ!?
トップページ> 料理・グルメ > 圧力鍋

【圧力鍋とは違う!】減圧鍋で柔らかくなるはずがない …のにッ!?

 圧力鍋を買いたかった。

 ものすごく堅いすじ肉や、石みたいなかぼちゃなんかをぶち込んで煮込むと、
 とろっとろのふんわりやわらかな煮物と化してしまうという、夢の調理器具である。

 それを妻に話したところ、あちこちで色々調べてきた妻はなぜか「減圧鍋」というのを買ってきた。



▲両手鍋方式の減圧鍋 ロップ・タック

 減圧。

 圧力をかけるどころか、減らしてしまうとは何事なのか。
 圧力をかけることが攻撃なら、減圧は守備ではないか。攻撃こそ最大の防御。

 がんがん圧力をかけて、食材が怖いくらいにホロッホロになる。それがいいのではないか。がんがんいこうぜ。

 まあ、でも、話くらいは聞いてやってもよい。
 減圧鍋の原理はこういうことらしい。

 鍋には、特殊な弁がついたフタが付属。中の空気はでていくけど、外の空気は入ってこないようになってる。
 また、フタはスキマなく鍋にフィットするよう、特殊なゴムパッキンがついている。

 煮込んでいくと、何が起こるか。

 特になにも起こらない。ええっ? 

 火を止めた状態から減圧が始まり、最終的には鍋内が圧力が非常に少ない空間になると言うのだ。
 そして、空気を全て吸いだされた食材は味がしみまくり、柔らかくなる。

 本当かな。でも感覚的には、火を止めて熱が冷めていくと、だんだん圧力も弱くなっていってしまうような気がする。
 そういうこざかしいアイテムは、結局中途半端な状態で終わる気がするのだ。

じゃあ、かぼちゃを煮込んでみたまえ

 豚肉をさっといため、かぼちゃを適当に切ったものを鍋にぶち込み、水を入れて沸騰させた。
 沸騰したなと思ったら、すぐに、ふたをして火を止める。

 15分ほど放置。

 ふたは耐熱ガラス性なので、中が見える。
 減圧の結果、かぼちゃが5倍程度まで膨らんでいて、ひいいっ、こわいよう、という状態になっていたらいいのにと思ったが、
 そういうおもしろいことも特になかった。

 日常にそういうおもしろいことを求めてしまうのは、私の悪い癖だ。

 熱も冷めてきたころ、フタについている弁をゆるめる。
 シュォオオーッ!とすごい勢いで空気を吸う音が聞こえた。
 減圧が解除され、空気が鍋の内部に流れ込んだのだ。

 SF映画の、宇宙船に出てくる減圧室が思い出された。
 真空と、空気のある部屋の間にある、アレだ。
 減圧という言葉は、そういえばSF映画でしか聞いたことないなあ。

 果たして、
 かぼちゃは、きれいな姿のまま、そこにいた。
 柔らかくなっている気がしない。

 ほうら、見たことか。
 圧力鍋ならば、もう煮くずれてどろっどろにやわらかくなりました!というわかりやすい姿になっているはずなのにだ。

 鼻で笑いながら、私はかぼちゃをひとかけら食べてみた。
 ほーら、火が通ってなくて、ゴリッ…

 おっ?
 ちゃ、ちゃんとやわらかくなってる!

 あの短い加熱時間で、やわらかくなっている!

 い、いや、だって、沸騰したのは一瞬で、あとは火を止めていたのに!
 とても納得がいかないが、
 キレイな姿を保ちつつ、柔らかく煮こまれたかぼちゃが目の前にあるのだ。これは事実だ。

 しかも、加熱せずに調理したのでアクなども出ていない。

 いやいやいやいや。
 かぼちゃは柔らかく出来たみたいだけど、
 超カタいすじ肉なんかはきっと無理だろう。うん、絶対無理だ。
 いや、でももしかして…

 ふ、ふん、思ったよりもやるようだが、私はまだ減圧鍋の実力を認めたわけではないからな。
 次回は、超かたいスジ肉を煮込んで、減圧鍋の実力を確かめてやろうと思う。



次の減圧鍋で妻が作った恐るべき肉じゃがへ
トップページ> 料理・グルメ > 圧力鍋 もくじ