圧力鍋体験(すね肉シチュー編)
トップページ> 料理・グルメ > すじ肉料理

圧力鍋体験(すね肉シチュー編)

本当ならすじ肉を使ってみたかったのですが、さすがにすじ肉続きで飽きたので今回はすね肉でシチューを作ってみることにしました。

レシピ


  • すね肉…1パック
  • にんじん…2本
  • じゃがいも…2個
  • たまねぎ…2個
  • シチュールー…粉末のもの

分量は適当で、実際作ってみたら4人前以上はありました。圧量鍋の取り扱い説明書に「少量の食材を煮込むと鍋が傷む」というようなことがあったので、多めにしてみました。

まず、にんじんの皮を皮むき器でむきます。左親指を皮むき器で切ってしまい、痛い思いをしました。ぷくーと血玉が浮いてきてテンションが下がります。マキロンで消毒し、血が止まるのをまって続き。

皮をむいたにんじん2本を縦に真っ二つにして、それを横に2cm幅くらいで切っていきます。そして、鍋の中に入れます。

次にたまねぎ。まず半分に切って、頭とお尻を切り落としてから皮を取ります。これをさらに半分に切って鍋の中へ。

最後の野菜、じゃがいも。これも皮むき器で、今度は怪我しないように気をつけて皮をむきます。ところどころ残る黒い芽はナイフで切り取ります。ちなみに私は包丁を持っていないので、キャンプのときに使うナイフで料理しています。多分、包丁の方がやりやすいと思います。

皮をむいたじゃがいもは8つに切って鍋の中へ。

今回、野菜はかなり大きめに切ったので、火が通るかどうか心配です。そして、すね肉を切りもせずにそのまま鍋の中へほおりこみます。

水は材料が2/3つかる位に入れました。適当です。

説明書を見ると、蒸気口の上に付属の「おもり」を乗せて使うだとか、調理中にゆらすと危険とか、いきなりフタをあけると食材が勢いよく飛び出してくるとか、怖いことが書いてありました。

とにかく、スライド式のフタをしめ、蒸気口の上におもりをつけて、火を入れます。

しばらくして、しゅんしゅんしゅんと変な音がします。圧力が上がっていることを示す突起物?がぴょこんと上に飛び出ています。

これが沸騰している状態なんだそうです。内部では圧力がかかって、沸騰の温度が120度になっているのだとか。

沸騰温度が20度くらいあがったところでたいした違いはないように思えますが、とにかくやってみるしかありません。

すね肉の煮込み時間は約25分だと取り扱い説明書に書いてあったのでその通りにしました。ちょっと多めに煮とこうと思って、30分後、火を止めます。

ここでいきなりフタを開けると大変なことになるらしいので、しばらくおきます。蒸気のしゅんしゅん音がだんだん小さくなり、沸騰を示す突起物がへこみました。だいたい20分くらいほっときました。

説明書を読みながらびくびくもので、「おもり」を手前に傾けます。これで中の圧力を徐々に下げるのだそうです。傾けても何も起こりません。おもりを外しても何も起こりません。

火を止めたあとの時間が長かったので、自然に内部圧力が下がったようです。なんだか拍子抜け。

フタを開けると、なんと、すね肉がめちゃめちゃやわらかくなっています。にんじん、じゃがいも、たまねぎもものすごくやわらかくなっています。くずれそうなくらい。

シチューのルーを入れて、フタはしめずに仕上げます。圧力をかけているときは、カレーやシチューのルーなど、ねっとりしそうな(粘性のあるもの?)を入れてはいけないんだそうです。蒸気口が詰まるからかな?

SN250462.JPG
←できあがったシチュー

あー、牛乳入れた方が良かったなあとか細かいところはありますが、そのやわらかい仕上がりに感動しました。

次回は圧力鍋ですじ肉に再チャレンジしてみようと思います。


次の圧力鍋体験(すね肉と大根煮込み編)へ
トップページ> 料理・グルメ > すじ肉料理 もくじ