すじ肉料理体験(すじ肉とこんにゃくの味噌煮込みやや失敗編)
トップページ> 料理・グルメ > すじ肉料理

すじ肉料理体験(すじ肉とこんにゃくの味噌煮込みやや失敗編)

前回は、フライパンで下ゆでした牛すじのうち、4/3は保存することにしました。残りの1/4を牛すじとこんにゃく味噌煮込みに仕上げたいと思います。

レシピ


  • 牛すじ肉 下ゆで済みのものを150gくらい(適当)
  • こんにゃく 1/2個
  • 味噌少々(ダシ入りのもの)

フライパンで下ゆでしたときに思ったのが、時間をかけているわりにはちっともやわらかくならないってこと。料理には「落とし蓋(おとしぶた)」という技がありますが、あれを使って蒸し効果みたいなのをあげたほうがいいのではないでしょうか。

うちには落し蓋などというものはなかったので、小さめのふた付土鍋を使うことにしました。

土鍋に下ゆでして、食べやすい大きさに切ってあるすじ肉を入れました。火を入れてぐつぐつ煮込みます。フタをしめると、フタのとこについている蒸気穴?から蒸気が吹き出しています。なかなかいい感じ。

そのまま放っておいたら、シューという音がしてびっくり。吹きこぼれていました。弱火に切り替えます。

1時間ほど経過。

ためしにすじ肉を一切れ食べてみるとなんだかごりごりして硬い感じ。まだまだ煮込みが足りないようですが、ここでこんにゃくを入れてみます。

さらに1時間経過。

さらにすじ肉を一切れ食べてみると、まだまだごりごりしています。うーん。味噌を入れてみようかな。

味噌を入れてさらに1時間。だいぶやわらかくなったけど、まだごりごりしています。どうなってるんだと思いましたが、もう飢えが限界まで来ていたので食べることにしました。

SN250457.JPG
←まだちょっとごりごりしている牛すじ煮込み

本当はネギの刻んだやつなんかを振りかけたりすると見栄えも若干あがるんでしょうが、どうせ自分で食べるんだからいいやと思ってそのままです。

アブラは完全に抜けてて、おいしいけど、固い…半ば飲み込むようにして完食しました。

翌日、残りを温めて食べたら、だいぶやわらかくなっていました。やっぱ、一晩置かないとだめなんでしょうか。圧力鍋がほしいなあ。


次のすじ肉料理体験(すじ肉カレーやや失敗編)へ
トップページ> 料理・グルメ > すじ肉料理 もくじ