4.ダイエットして痛風から開放される
トップページ> 美容と健康 > 生活習慣病

4.ダイエットして痛風から開放される

尿酸値の高さを抑えるために、ダイエットすることを奨められた私。
お前は太ってるから痛風なんかになるんだ、と言われたような気がして悔しく思っていました。

ちくしょう、どっちにしてもあんな痛い思いは二度としたくない。ダイエットだろうとなんだろうとやってやる。

私は誓いました。途中で挫折したら、またあの痛い痛風が待っている。よし。

まず理論から入る私は、ダイエットのことをインターネットで色々調べました。痛風のことも。

そこでまず、「水を大量に飲むのがいい」という情報をゲット。
なるほど、水を大量に飲むと尿酸が薄くなるとかそういう感じなのか?

という訳で、一日2リットル飲みます。トイレに頻繁に行くようになって、大変です。

次になんかダイエット食品を買ってみようと思い、「Super青パパイヤダイエット」ってのを通販してみました。
甘酸っぱい粉が袋に入ってて、食後に飲めばいいんだそうです。ほんとに効くのか?

あとは、食事から肉の量を大幅に減らしました。その代わり、豆腐を大量に食べます。
1日1.5丁くらいのペースです。

ちょうどあるある大事典で話題になってた豆乳も買ってきました。これは腹が膨れていいです。

さらに、同じくあるある大事典でやってた黒酢も買ってきました。
おそるおそる薄めた酢を飲みます。うへぇ、まずい。

意外にも、このダイエットはちゃんと続きました。失敗したら痛風が待っているというがけっぷちな気持ちが良かったのでしょうか。

1ヶ月目2kg減、2ヶ月目5kg減、3ヶ月目1kg減、トータルで8kg減です。
おなかの横にぽこんと付いてた肉がなくなっています。

顔もなんだかすっきり。ただ、色々やりすぎて何が効いたのかよくわかりません。

そしてなんと、周りの女の子たちにモテモテになりました!…と、最後のはうそです。別に少しやせたくらいでモテたりはしませんでした。

ただ、朝、目が覚めるときに体が軽い、気がします。

尿酸値も5.8に下がりました。当時は8を越えてました。
ただ、正常な尿酸値というのは6.5以下ということなので、まだまだ油断できません。

油断できませんが…さらに半年経ち、油断してしまった私は徐々に太り始めていました。
なんとかしなければなりません。

 


次の動脈硬化予防にオメガ3脂肪酸へ
トップページ> 美容と健康 > 生活習慣病 もくじ