五万円のスーツ購入に踏み切れない家庭事情
トップページ> 働く人 > ランダムスーツ

五万円のスーツ購入に踏み切れない家庭事情

 現在の私は会社員で、毎日飽きもせず、いや飽きているいけどスーツを着込んで出勤する。

 そのスーツが先日、破れてしまった。


 ふとももの内側の部分だ。太ってくると、この部分の肉がこすれあうことになり、そこだけスーツが傷んでしまうのだ。

 結婚前、一時的にやせていた私は、結婚して再度太った。思えば私の人生は、ほとんど太っていて、やせていた期間もあったが、気がつくとまた太っているのだった。

 まあ、現在、太っているものはしょうがない。やせる方法はあとで考えるとして、破れたスーツをなんとかしなければならない。

 私もいい歳のおっさんなので、超高級スーツじゃなくてもいいけど、それなりのを着たい。5万円くらいのスーツなら文句はない。

 けど、現在の家計では5万円の臨時出費はあまりにも痛かった。そんなものをぽんと買ってしまっては、私の貴重な小遣いが減らされるなどの措置が取られるか、「じゃあ私も買う」とか妻に言われて、家計へのダメージが2倍になってしまう。

 まあ、まて。私が知らないだけで、もっと安くていいスーツがあるのではないか。まずは現実を知らなければならない。

 洋服の青山に出かけ、安いスーツがないかどうか見てきた。

 安いスーツはたしかにあった。しかし、それは安いなりの、スーツへのこだわりがない私から見ても安っぽいスーツばかりだったのだ。

 世間は甘くない。

 私は絶望した。ちょっと大げさだが絶望した。

 だが、そんな絶望をなんとかするソリューションが存在したのだった。


次のランダム・スーツへ
トップページ> 働く人 > ランダムスーツ もくじ