携帯ウォシュレット
トップページ> 美容と健康

携帯ウォシュレット

これは、非常に限定された人向けのおトク情報かもしれません。

私、趣味で折りたたみ自転車に乗ってあちこちに週末旅行しています。
どのくらい自転車をこいでいるかというと、10時間ぐらいこいでたりします。

するとどうなるか。

サドルやパンツでこすれ、おしりは一時的に痔の状態になるんです。汚い話ですいません。
ちゃんとパッド(クッション)つきのサイクリングパンツをはいててもこれです。

で、まあ、夏場なんかは特にそうなんですが、のどが渇いたからと言ってジュースなんかを飲みまくると汗をかきます。おなかの周りにも汗をかいて、おなかが冷えます。

危険な便意が私を襲います。

幸い、未だに大惨事になったことはないんですが、問題はその後。ウォシュレット…でも正直痛いのですが、まあまだましです。ウォシュレットがないときは生き地獄。

しびれるような、電気が走るような、鋭利な刃物で刺されているような痛みがお尻に走ります。まさに一時的な痔。

トイレットペーパーでお尻を拭くたび、ウッ、ウウッ!とうめき声がもれます。

そんなとき、手元に携帯ウォシュレットがあればどれだけ心強いことか。心の友と呼んでもいいぐらいです。



携帯ウォシュレット

ノズルを伸ばして、体の前から差し込んで使うようです。

それはいいんですが、気になる点が一つ。

「冷たい水しか出ないんじゃないの?」ということ。

冷たい水のウォシュレットなんて、飛び上がっちゃいますよね。夏ならまだしも…。
アルカリ単三乾電池1個で50回(1回あたり最大23秒の放水(?))だということですが、水を温める機能はないようです。そこまで求めるのは贅沢すぎでしょうか。

ただし、タンク(180ml入るそうです)には、40度程度までのお湯が入れられるそうです。

なんとかしてお湯を確保すれば、という条件つきですが、快適な温水シャワーのウォシュレットが持ち歩けるならありがたいですね。

以上、長時間サイクリングする人向けの限定おトク情報でした。


次の禁煙体験談へ
トップページ> 美容と健康 もくじ