静電気を調べてみる
トップページ> 特集 > 静電気対策

静電気を調べてみる

■静電気の発生しやすい状況
静電気は、流れにくくてじっとしている性質があることから「静」電気と呼ばれています。ただし、水があると流れやすいという性質があります。つまり、空気が乾燥する冬は静電気がたまりやすく、金属製のドアノブなどでバチッとなり、不快な思いをするという訳です。

■静電気のたまりやすい体質
乾燥していると静電気はたまりやすくなります。空気の乾燥だけでなく、髪の水分、肌の水分が少ないとやはり静電気はたまりやすくなります。髪に水分を補給するシャンプーを使ったり、乾燥肌対策のクリームや化粧水を使うことでかなり改善できます。

■静電気のたまりやすい服装
吸水性、吸湿性の乏しい化学繊維の服や、底がゴムで出来ている靴を履いていると静電気がたまりやすいようです。羊毛などの天然素材の服や、底が革で出来ている靴を着用すると改善できます。また、出かける前に帯電防止スプレーを衣服に吹きかけておいても効果があります。

■静電気のたまりやすい部屋
乾燥していて、人の出入りが激しい部屋。加湿器を使うことで改善できます。

■お手軽対策
ウェットティッシュ
オフィスなどで机の上においておき、時々触るだけで静電気が抜けます。

接触面を大きく
静電気対策が出来ないまま、金属の取っ手などを触らなければならないときは、手のひら全体や拳など、接触面を大きくすると若干不快感は和らぎます。


次のかわいい静電気除去キーホルダーへ
トップページ> 特集 > 静電気対策 もくじ