ReadyBoost対応メモリでパソコンの体感速度を手軽にアップ
トップページ> コンピュータ > 周辺機器

ReadyBoost対応メモリでパソコンの体感速度を手軽にアップ

 Windows Vistaの新機能、「Windows Ready Boost」で、安価なUSBメモリを使って体感速度を大幅にアップできるという。

Microsoft Windows Vista Home Premium 通常版 

 この機能は、メモリを多く消費するアプリケーションを使用したとき、ハードディスクにやたらカリカリとアクセスに行くようなときに有効。物理メモリが少ないためにハードディスクに大きなスワップファイルが出来ているときに、キャッシュをUSBメモリ上に作ってしまうのだ。

 USBメモリは、通常の物理メモリに比べおよそ1/3ほどの価格(2GBのUSBメモリで4~5千円程度)にもかかわらず、あたかも物理メモリを増設したような効果が得られるのだ。

 ただし、USBメモリは「Ready Boost対応」と表記された高速なものが必要。動作が重いと悩んでいるWindows Vistaユーザは、さっそく試してみるといいだろう。使い方も簡単で、USBメモリを差したときに出てくるダイアログから「システムの高速化」を選び、設定画面で「このデバイスを使用する」にチェックを入れてOKをクリックするだけだ。

『Ready Boost対応 メモリ』一覧(Yahoo ショッピング)
三菱化学メディア USBフラッシュメモリ32GB暗号化機能 USBE32GVZ1 00055166 ¥10,779
●[インターフェース]USB2.0/1.1 [対応OS]Windows2000/XP/Vista/7、MacOS 9.0.4〜/X10.1〜●[メモリ容量]32GB [暗号化]AES [その他]Windows Ready Boost対応●20.2mm●7mm●78mm手に優しくフィットするラバー調。パスワードセキュリティ+AES暗号化機能・WindowsReadyBoost対応


トップページ> コンピュータ > 周辺機器 もくじ